当会の理念や特色(トップページ) > 姜氏門師承譜

姜氏門師承譜

姜氏門宗師 姜容樵 (Jiang Rong Qiao)

姜容樵1891年生まれ、没年1974年。中国河北省滄州出身。字は、光武。幼少のころから武術を好み、陳玉山から秘宗拳械を学ぶ。その後、張占魁より、形意拳、八卦掌を学ぶ。また、李景林から武当剣、李雨三から太師鞭、親友の湯士林から太極拳を学ぶ。

1928年、上海にて尚武進徳会を設立。1932年に「南京中央国術館」の編審処処長に就任し、武術の普及に努め、晩年は上海に居住する。有名な弟子に沙国政、慮永才などがいる。著書には、「写真青萍剣」、「写真形意母拳」、「八卦拳」などがある。また、姚馥春との編著の「太極拳講義」(1930年)には、湯士林抄本の王宗岳の別説「太極拳譜」が収録されている。

姜氏門二代伝人 鄒淑嫻 (Zou Shu Xian)

鄒淑嫻1925年、中国四川省重慶銅陵県にて、富裕な名門の末女として生まれる。幼少より体が弱く、各種慢性病に悩まされ、ついには医者にも『20歳まではもたない』と宣告される。日軍の重慶空爆を機に上海へ移住。浦東の名士沈家に嫁ぐ。
上海の名士の紹介で孫禄堂先師の徒弟である孫家拳名師、程毅如老師につき孫・楊式太極拳を学び、半年余りで心身共に健常なったことから、太極拳を一生の仕事にする事を決意する。

程師亡き後、師の紹介ですでに教えを受けていた、国民党の武術人材養成機関『中央国術館』の元教授、形意拳・八卦掌・秘宗拳名家、姜容樵師爺の徒弟となり、同時に義理の親子の縁も結ぶ。
(伝人中、姜家の一員として唯一家譜にその名が記載されている。)
以来、文化大革命に至るまで、上海を代表する女流武芸者として、また姜氏門第二代継承者として、常に上海武術界をリードする存在であった。この頃、姜師爺の紹介で、傳鐘文・張長信・張某各名師に、夫々楊氏太極拳、六合八法、功力拳を学び、沙国政師兄や中央国術館の沈師兄より夫々通臂、八仙剣、八極拳などを得る。

伝統文化、芸術には冬の時代であった文革期間は12年間、只師伝の道流を絶やさないようにと、人目を避け、ひたすら専心研究を重ね、武芸は純化し、姜容樵師爺の衣鉢を継ぐこととなる。
解放後、中国の南北に限らず、世界各国からもその武芸と、高潔で暖かな人柄に惹かれて、多くの学生が、師の下に集うようになった。現在は後進の指導を持って自娯としている。
上海に於ける八卦門代表人物として、上海武術協会直属の長老会「掌門人会議」に所属。八旬を越える今日でも上海の地でその伝統を守る存在である。

鄒老師に学んだ学生は数千人を下らないが、その中に7名の入室徒弟がいる。日本在住の伊与久大吾はその1人として、母国於いて『姜氏門内功武術研究会』を主宰し、東洋伝統の心身観を伝え、人々の健康に奉仕している。

伊与久大吾(Iyoku Daigo)

伊与久大吾

1973年、千葉県市川市にて生まれる。母方の祖父は日月流という古流武術の使い手、義理の祖父は銃剣術・ボクシング、祖母は薙刀と手裏剣術、父は空手道の指導員という武術一家の家に生まれるが、本人は未熟児で虚弱体質だった。幼少時はベッドで天井を見ていることが多かった。その後、水泳を始めて体力と免疫力がつき、次第に武術にも興味を持ち始める。
小学校3年生頃から父につき剛柔流空手をかじる。体力が大躍進し、一般の健常な子供並みになる。

高校1年生の三学期、雑誌『武術』に『蟷螂拳』の記事を発見。筆者の根本一巳先生に連絡を取り、請教。受け入れられ、老蟷螂拳研究会・市川分会の発足に参画する。ここで多くの武縁を得、今に続く武友と知り合う。
20才の頃から根本師不在の折の師範代理をするようになり、21歳で市川分会代表となる。
この頃から、中国と日本を行き来して、各門派の武術家と多く交流するようになり、武術の幅を広げた。
日本・中国で師事、影響を受けた先生は、謝紹君老師(開極拳)尹金陵老師(欄手門)趙玉祥老師(車派形意門)楊兆源老師(峨眉洪門)林基有老師(六合蟷螂門)長谷部志美男師範(和道流柔術拳法)周玉シン老師(五行通背拳・楊式太極拳)
96年、上海の代表的名師・鄒淑嫻老師(中央国術館、姜容樵師爺の乾女)に出会い、その技術の緻密さ、風格に圧倒され、秘宗拳・八卦掌・形意拳・楊式太極拳を学び始める。99年に外国人では例外的に入門を許され拝師徒児となる。
張派姜氏門内家拳術の第三代伝人となり、帰国後日本姜氏門内功武術研究会を創設、今にいたる。
06年から、鄒淑嫻師父と、そのの師弟である張小元師叔(著名武術家・張長信師爺の子)につき華嶽心意六合八法拳=水拳を学んでいる。

現在、千葉県市川市を中心に、赤坂のスタジオをはじめ10ヵ所で内功・太極拳・中国武術の普及に努める。明るい雰囲気で行われるレッスンは、楽しみながら本場の健康法=伝統武術を学べると、幅広い年齢層から支持を得ている。
また、雑誌『武芸』(BABジャパン出版社の武術専門誌)に、契約ライターとして参画、『武』を通して新しい心身の調和を提唱する。
そして何よりも、本人自身が武術を通じて、多くの豊かで貴重な縁を頂き、この道を心から享受している者である。

  • 本名 伊与久大吾
  • 中国名 鄒誠博
  • 気功・太極拳指導員
  • 1973年生まれ東京学芸大学美術学部卒
  • 1996年度中国煙台市国際武術交流大会表演金賞獲得
  • 1997年度中国大連国際伝統武術観磨大会表演金牌獲得
  • 日本姜氏門内功武術研究会代表

【八卦掌の系譜】
董海川(創始者)―程延華(代理教授)―張占魁―姜容樵―鄒淑嫻―伊与久大吾

【形意拳の系譜】
岳飛(伝説の創始者)―姫際可―曹継武―戴龍邦―李洛能―劉奇蘭―張占魁―姜容樵―鄒淑嫻―伊与久大吾

【楊式太極拳の系譜】
楊露禅(楊式太極拳創始者)―楊健候―楊澄甫―傅鐘文―鄒淑嫻―伊与久大吾

【六合八法拳の系譜】
陳希夷―李東風―宋元通―李梨―藩致和―陳鶴侶等―呉翼輝―張長信―鄒淑嫻・張小元―伊与久大吾



RSS RSSフィード